日記ノ14

心が晴れず1日中悶々とムカつきを抱え、それでもそのムカつきをなんとか受け流そう、大したことじゃないさ、と思い込もうとしていたら交感神経が異常興奮したのか全身がこわばって手が冷たい。肝熱がぶち上がって顔が真っ赤、皮膚はボロボロ。ゴミを捨てようと玄関まで歩いていたらなんやこの…かんじ、は……突然足の力が抜けて床にへたり込んでしまった。

 

また精神科に通わんならんのか。いや、今度そういうことになったらもう終いのような気がする。仕事をやめよう。しかし次をどうする?年齢的にも無理やで。母親も年やで。死ぬしかない。エロブックマークを全消しして。と思ったけどアルバムも作ってるし、昨日も仲間が、仲間って言わしてくれ。仲間が、俺が表現したくてもできてないところを楽器を持ち寄ってそれぞれの人生を持ち寄って録音してくれたとこや。どうすんねん?初のアルバムにして世界一しょーもないアルバムになってしまうやないか。せやかて君、わいもう動かれへんし、働かれへんかったら金なかったら生きていかれへんし、悲惨しか待ってないし、、、て考えてたら情けなくなってきた。情けなくなるというのはどういうことやろう?まだ終わってない感がある。しやけどもはよ終わらしたいんやけど…ちゅうても俺が自殺できへんちゅうのは過去に経験したし、とグジグジやってたら妻が帰宅して「ただいま〜」というてる。聞こえてるけどなんと答えていいもんかわからへん。けど黙っとったらきっと何回も言うてくるやろ。大きい声でおかえり〜とは言えんから立っていって「おかえり」ちゅう。恥や。元気がなさすぎる。あかん。もう終いや。エロブックマークを全消しして。

 

とおもたらなんかムカついてきて、あ〜、これはそうか。そういうことか。

俺は怒ってるねや。怒りを抑え込んで、怒りじゃない何かにすり替えて、なんかわからん空気たらいうもんを、自分の感情をないがしろにしてまで守ろうとしてんねや。そら病気になるわ。出口なんかないわ。そんなんあかんわ。ムッチャムカついてきた。暴力を賎民へ、お願いしますわ。デモに大げさなポリくるな。警察が政治家守るな。

 

ちゅうわけでシャドウ・ボクシングやらなにやら、攻撃を与えるイメエジのことをやってたら気が下がった。自傷行為やと溜まるばっかりとちゃうかと思う。

怒りを怒りと認識するだけで、無駄に「運動したら鬱は治る」みたいなアホに付き合わんでよくなるし。要は暴力衝動の持っていきどころやろ。怒りにまかせてしかめっ面をするのもええし、とにかくすっと抑えてしまうのはあかん。その場で出すのはだいぶ阿寒場合が多いけど。

一人で部屋におるときに。一人でも「俺はええ人、賢い人」みたいな顔してしまうことがどうやらあるわ。控えめな自慰。しょうもない。怒りというのは外に出たがる。喜怒哀楽というもんはそんなもんや。気遣いというのは内に向かう。合わさったらややこしい。怒るでしかし。しかし怒るで。

日記ノ13

先週の火曜日、目が覚めた途端に殺してほしさ。いま拳銃あったら頭ぶちぬいてずっと寝るわと思った。思ったけれどもまあ、なんとかなるのが人生よと起きて仕事アンド雑務。翌日には「ホタルイカの酢味噌アンドウェッソン」なんて春めいた駄洒落も出るようになり、生きていれば何とかなるわなんつってみたりして。

 

木曜日には西院のネガポジでライブ。対バンの佐伯英紀くんは今日が2度目のライブだと言っていた。そのツレの方に焼きそばをいただいたりして恥ずかしくもありがたい。佐伯くんは曲も変わってるしギターにはキレがあっておもしろかった。Novelmanさんのケセラセラの日本語カバーがよかった。ケセラセラなんて何べんも聴いたことあるはずやけどグっときたなぁ。お互い西院フェスに出るということで再会を約束した。嬉しいわ。

 

終演後は来てくれてた瓶底いずこ氏やカーGくん、デート帰りの三好真弘くんらと歓談。ありがたいことだなぁと喜びを噛みしめながら終電で帰宅して。

 

翌朝目をさますと軽い悪寒と同時に熱感。これは風邪かな?どうしたもんかな?と迷っていると目を覚ました妻が俺の顔をみるなり「休みなさいよ」という。熱を測ると37.3度。これは昼になったら38度を超すやつだなぁと思ったので職場に伝えると「昨日からなんか浮腫んどったししんどそうやったもんなぁ」休みをもらう。

しかしおかしな感じだ。怠いことは怠いが風邪様の症状もまったくない。無理やり思い込めば関節がすこ~し痛いような気もするが、これはただの年のせいという気もする。まぁとにかく怠いので眠ることにしたが、昼過ぎにはものすごい食欲の化け物に襲われる。近所のスーパーで巻き寿司、冷凍のお好み焼き、うどん、フライドチキン、ポカリスウェットを買ってきて巻き寿司とチキンとポカリ。2時間ほど眠って巻き寿司、うどん、ポカリ。17時から夜の部をやっている近所の病院へいったら木曜は17時までしかやってないらしく、閉まっていた。半泣きになってちょっと遠い方の病院へ。

 

ここの病院は苦手だ。「早晩肝臓がんで死ぬ」だの「いま酒をやめたら知らぬ間に裸で街の中を走り回るんじゃないの?」だの「腰が痛いなら内科ではなく整形外科へ行け。整形外科は今日やってないけど」だのといわれたことが思い出されて憂鬱になる。生きているということは苦しみそのものであるよなぁと思いながら鼻に綿棒を突き入れられて泣いた。

 

検査の結果は陰性。風邪用の薬を出しておくからね。帰宅して解熱剤を飲んだが発汗せず苦悶。ビールと焼酎を浴みつつ巻き寿司を食っていると妻が帰宅。「貴様は子供のころ、体調を崩すと寿司を食っていたといっていたので寿司を買うて帰ってやろうかと思うたが、最近貴様は生ものが少しく苦手と申しておった。したらば好物のお好み焼きをでも買うてかえってやろうかと思うたがそんなしんどい時までお好み焼きは食わんというかもしれんと申すかと思うてなにも買うてこなんだわ」というようなことをもっとずっと現代的な言葉で言った。何だか悪い気がした。

 

翌日金曜日、ようやく熱はさがったが「休んでいいよ」とのことなので休みをいただいた。何もやる気がしない。とにかく寝た。土曜も寝た。クラブウォーターに行きたかったが動けない。ピアノをちょっとだけ弾いて、才能のなさにウェッソン。とにかく寝た。日曜日になっても酒を飲む気力すらでない。はっは~ん、春め。来やがったな。

日記ノ12

昨日は心斎橋の歌う魚というところでライブ。「心斎橋で泥酔」というタイトル。共演のひとらも素敵な面々ばかりだったので予想はしていたが客席は空いてた。これは!という共演者がそろっているといつもお客さんが少ない。それぞれが個性的過ぎて殺しあう感じに受け止められるのか。わからんけど。

俺は出番が最後だったのであんま飲まれへん、と思ってたけど5杯飲んだ。5杯飲んだにしては酔うてなかったっちゅうのはやはり気がはってたのかな。緊張を指摘されて恥ずかしかった。しかしステージから返したとおり、俺は生まれてからこっち、しらふでリラックスなどした記憶がない。あれが普通や。なんてことや。これからの課題や。まなざしよ消えろ。サルトルは斜視。人生は旅。旅の恥はかきすてっちゅうことで。

旅。旅という言葉を使えるようになりたい。チケット買って電車に乗って遠くへ行って帰ってくる。ライブ遠征であれ俺はこれを旅行と呼んでいる。なんか気楽なお決まり感で。もっと死ぬ気でいかんならんのやろう。いんや、気楽さがたらんのか。気楽に死のうよ!みたいな。

文末が曖昧ばかり。書くと迷いが浮かび上がってくる。読む人がいないのが幸い。いたらまたそれで幸い。もっと気楽に右往左往したい。ひとりでいるときくらい全裸で常に快感に悶えてたい。またも憂鬱いまそかりけり。奢りでうどんを食いに行く。




今日です。

2月23日(金) 東心斎橋リズム&串カツ アガッタ

出演(順) リー・ルード|岡部洋子|市村マサミ

開場 18:30
開演 19:30
料金 投げ銭

 

 

京都です。

2月28日(水)西院ネガポジ
【ノーチャージデー】
出演順
1.佐伯英紀
2.マチュピッチュ(SUKIDARAKE MAFIA)
3.Novelman
4.市村マサミ

開場 18:30
開演 19:30
料金 無料

日記ノ11

とくに書くこともないようやがそんなことを言っていると書かなくなる。書かなくなると退屈が増すと思うのでなんでもええから書くとする。

昨日は業務後電車に乗ったあとで忘れ物に気づいた。ひとつめの駅で降りて引き返したが改札には駅員がいない。みるとインターホンがあったのでそれを押して事情を話す。「すぐ戻られますか?」「5分くらいです」言ってから、5分では絶対戻ってこられへんということに気がついたが「やっぱ10分くらいです」と言い直すのも恥ずかしかったのでダッシュで忘れ物を奪取。多分7、8分で戻れたと思う。誤差、アソビの範囲やと思う。

自宅近くのスーパーでイワシが2匹140円やったので買って帰る。
焼きながら腕立てとダンベル運動、乗ってきたので火をとめてエアロバイク。やっぱり筋トレすると気持ちが上がる。男性ホルモンが減ってきてる。おばはんみたいな顔になるのは嫌だ。辛すぎて変な声が出たところで筋トレをやめてイワシで焼酎。湯でうすめて。俺がイワシならこの値段では売られたくないなぁ。

そういえばアコギ用のピックアップが壊れとったな。ボリュームのつまみが取れとったようやけどハメたら直るやろ。思っていたけどつまみの穴がバカになっていてハマらない。ガバガバだ。つまみと一体型のボリュームらしいのでボリュームごと交換するのが一番キレイかと思うが仕様がわからない。”RARE EARTH MIC BLEND” “spec”とか”circuit”とかでググっても情報が出てこない。デジットに持っていったら教えてくれるやろか。俺がデジットの店員ならタダで教えるだろうか。

とりあえずピックアップのことは諦めて翌日のライブの曲決めをせんと。だいたいこのところのスタンダードでいこうと思う。一曲はちょっとグロいやつもやりたい。もう春やし「風にうかれて」もやりたい。しかし待てよ?イベント名が心斎橋で泥酔やから、春から冬へめぐる酒の歌「酔うて候」もやりたい。でもこの歌は長いねんなぁ。レゲエ調のメロディで韻を踏みまくった「Space Time Surfer」はどうかな?サビが英語なのが気になるなぁ。といった調子で決まらぬままに歌っていたらいつのまにやら自宅で泥酔。

気の狂った女に追いかけられて空を飛んで阿倍野ハルカスの屋上へ逃げたが位置情報サービスのせいで女はなおも追ってくる。なぜか位置情報は切れないし、惜しくてスマホが捨てられないという夢をみた。深層心理あっさ。

 

2月22日(木)心斎橋歌う魚【心斎橋で泥酔】
18:00 開場
18:30西島衛
19:05楠田莉子
19:40ガリザベン
20:15藤井えい子
20:50金丸亮太
21:25市村マサミ
前売2000円 当日2500円



2月23日(金) 東心斎橋リズム&串カツ アガッタ

出演(順) リー・ルード|岡部洋子|市村マサミ

開場 18:30
開演 19:30
料金 投げ銭

 

日記ノ10

文字の弱音は冗談と伝わりにくい。だいたいにして常にぼんやりとした死にたさはあるもんで、ちんこを出すようにそれを吐露すると脳がすこし楽になる。だからついついツイッターに書いてしまったりするんだけど、そうしてこぼした言葉がタイムラインちゅう流れのなかへゴミのように過去へ行ってしまうのはとても恥ずかしい気持ちがするね。やりがち。

どうせなら長い文章のなかにぼうっと光る感じで置いておきたいわそういうのはってんでまた日記を書き始めたい。つづくかな。うっすら死臭のある暮らし。

最近はお題で4つほど歌をつくったり、伊藤潤二先生の恐怖漫画コレクションを1から集めたり賭ケグルイの新刊を買ったり諸星大二郎のBOXを買ったり漫画づいてました。それもいったん落ち着いたようでここ数日は文字だけの本が読みたい日々。あと部屋を片付けたい日々。ファミコンミニのために買った液晶モニター処分するまえにちょっとだけグラディウスをやったんだけど、コナミコマンドっていつ入力するんだったっけ?カプセルをあつめて、あつめるのはあつめたんだけどどうやってパワーアップさせるのだっけ?とにかくもう未練などないわ。

整理しては散らかしてみたいなことをずっとやっている。楽しいがときどき誰でもないひとの”まなざし”が気になって誰のためにもならない無理をしてしまうことがある。それはとてもしんどい。

とにかく今は串カツを食べたい。だぼだぼにソースをつけるのは実はあまり好きではない。ちまちま食べたい。うるせぇ、まなざし。

 

2月22日(木)心斎橋歌う魚【心斎橋で泥酔】
18:00 開場
18:30西島衛
19:05楠田莉子
19:40ガリザベン
20:15藤井えい子
20:50金丸亮太
21:25市村マサミ
前売2000円 当日2500円

 

2月23日(金) 東心斎橋リズム&串カツ アガッタ

出演(順) リー・ルード|岡部洋子|市村マサミ

開場 18:30
開演 19:30
料金 投げ銭

日記ノ9

この、この楽しい満開の花は、散るんだって。

歩幅はやがてずれて、道は別れていくんだって。

歌は流れて、声は消えるんだって。

それでも僕の鼓膜にとどいた君の声は、僕の目の前で膨らんで僕に突き刺さった君の歌は、僕の心の中にしっかりと息づいている。

それを僕がまた、歌うこともできる。

この道の先をいけば、先にいったはずの君が足をくじいて泣いていたりするのかもしれない。

そしたら僕が君の歌を歌ってあげよう。そしてまた、一緒に笑おう。

 

花は、また 咲くんだって。

 

日記ノ8

2週に1度の病院。鍼をしてもらってやたらとすっきりしていることに毎度ながら驚く。漢方数種を処方されて薬局に行く。この待ち時間が1時間はあるので死ぬような気持ちがするわ。
処方箋を渡してから外出。飯を求めて徘徊。徘徊といってもiPhoneに入れてあるGoogleMapで「ラーメン」って入れて出てきたところを食べログで
再検索してオーケーを出すだけ。欲が収まらないよな。今日はこれを食ったよ!と言いたい欲が僕を忘れないでと泣いている。
IMG_2822
ラーメン食て、歩いてたら桜。桜見つけた。桜の公園の向かいに酒屋。なんやあつらえむきや。
山頭火のパロディ句を詠んで一人花見を。一人花見というのは嘘。どこかに他人の目を気にしている。すべてがSNS用の記憶みたいな。

よい道でどちらも桜で前は酒屋で

Masami Ichimuraさん(@bcc_masami)がシェアした投稿 –


鳩が飯欲しそう寄ってきよる。
見てないよというような顔をして横目で見てくるのがなおムカつく。
IMG_2832
これがカラスならやってもよいのだが、私は鳩が好きではないのでやる気にならない。なんだったら酒を与えて酔うているところを見てやろうかという差別的虐待の心までわいてくるのである。
そういう心が私にはあるよなぁ、と確認しつつ正宗の菊を吸う。なんてな馬鹿なことを書いていたらとても可愛らしい外人の子が笑いながら走ってきて平和をすべて追い払ってくれた。アメリカはつよい。
というのも修辞。言葉のアヤ。
ただ少年は笑いながら走ってきただけだ。鳩は飛んだ。
追い払ってくれたというのは私の願望に基づいた妄念。
もうねんれな。なんつうような脱線こそがキミ、人生の醍醐味じゃよ。
妄念の深さこそが自由の可能性じゃよ。
妄念と折り合いをつけようなんて思わないことだ。
すっかり酔うてしまった。
薬局で薬をもらい駅への道。
 マリオたちがカートに乗って走り去っていく。
神のいないお祭り。ええじゃないか。ええじゃないか。
死にたくなる春。錯乱の昼。

日記ノ07

机を作った。

歌の録音やDTMの勉強をしたいのでそれにはまず机が必要だとおもったからだ。

買えばいいようなものだがどうにもほどよいものがなかったので作ることにしたのだ。昨日は妻が出かけていて、一日中集中して作業していたので、昼飯に食べようと思っていた「カドヤ食堂監修 中華そば」を食べ損ねた。ときどきそういった過集中のような状態になるがシャブをやっているわけではない。の、の、の、の、脳のどこかが悪いんだろう。最近はやりのアルファベット3~4文字くらいの障害かもしれない。自分ではけっこう気に入っている部分だ。

 

歌を作るとか録音するとかそういったことより、サブの部分に時間をかけているうちに死んでしまいそうだ。今は机の製作のほかに、自分のPV用に絵やアニメーションの学習をしている。遊び死ぬ。それはたいそう贅沢なことだな。

日記ノ06

枝豆がつとめられておったので買って帰る。枝豆ご飯を炊く。手羽元を買ってあったので圧力鍋にて炊く。とにかく炊く。ゆでたまごとともにすっぱ煮にする。先日そうめんをした折にきのこを炊いた汁で入り卯の花。またしても炊く。だしの昆布は細く切ってポン酢で。とにかく食う。胡瓜および人参を切ったものに塩麹を添える。野菜室で寒そうにしていた大根で味噌汁。白菜の漬物。

料理をする。なぜだろうか。食べることが生きる基本だからだと思っていた。そして食べることが好きだからだと思っていた。しかし昨日ふとある思いにいたった。俺は独りにならないために料理をするのではないかと。

母が大病で入院していたとき、俺は兄と父の飯を作ったり洗濯や掃除、まぁ家事全般をやっていた。男だけの家。飯などは各自適当に食えばいいのだが、俺は作っていた。そのときはなにも考えずやっていたのだが、ふと、だ。俺は家族がバラバラにならないように、飯を作ることによって家を守っていたのではなかろうか。呑む打つ買うの冗談みたいな親父と、ドイツ人の性転換したニューハーフの家にいりびたってる兄貴。母が不在となるとこの家庭は完全に崩壊してしまうのではないかという不安が俺に飯を作らせたのではないか。おかえりなさいというために。なんといじましい、いや、健気なことか。

俺が頑張っているということを母から言われた父は「そらお前が金やってるからやんけ」と言ったそうだ。なんという親父であろうか。母も病気でつらかったのか、アホなことにそれを俺に言わいでもええやろ。わりと打ちのめされた。しかして俺は無駄遣いを減らすように心がけた。

なんてことを思い出しつつ巡らせながら枝豆のさやを剥いていると、幼きころ(©ジャルジャル)の土曜日、珍しく早く帰ってきた父とみたナイターやプロレス、ひょうきん族を思い出して侘しい。また幼きころ(©ジャルジャル)、母といっしょにきぬさやの筋をとったなぁとか思い出して侘しい。料理は侘しい。おもしろ侘しい。

しかしそうか。俺は家庭を守りたかったのか。幼きころ(©ジャルジャル)の俺に今なら言えよう。「拗ねんでええよ。よくがんばったなマサヒロくん」なんつって。

 

さて、夏休みのない夏である。妻が美味しいといって飯を食う。

日記ノ05

図書館でアドラーの「幸せになる勇気」という本を予約したら俺の前に389人も予約している。2200円の身銭をケチって税金で幸せになる勇気を獲得しようというやつが390人いるのだ。これはもう2200円を払って本を買っちまう、それが正解のような気がするが自己啓発本に2200円を払う、その勇気がないのだ。