日記ノ27

ここんとこどーもチョーシが悪い。酒を飲んでも上がらへん。ほいで酒を抜いてみたらちょっと上がる。体が元気になるからね。せ

サイトを作り直してるのでこのブログにもちょっと邪魔なやつ(冒頭の書き出しの文章の重複)が入るんやが許してつかぁさい。

ここんとこどーもチョーシが悪い。酒を飲んでも上がらへん。ほいで酒を抜いてみたらちょっと上がる。体が元気になるからね。せやけど2日、3日経てばまたチョーシが下がってくる。

梅雨や。季節の変わり目にすっごく敏感なアタシ。どこをどう触られても感じちゃウ。死んじゃウ。

気圧に脳みそが影響を受けるのかな。脳の水分量が多いみたいやから僕は。右脳と左脳で極端な歪みがあるというCTだかMRIだかの画像を見せられたショックはなかなか強かった。障害者手当くれや。

こうなるともう脳を頼ってるばいやない。もしくはばわいやない。

6月16日日曜日、美章園の「ぱ」という店でライブ。僕一人でのいわばワンマンライブなので20曲ほどセットしていったが、ぱずおさんが「1時間くらいやな」と言ったので曲を減らす。僕が笑わそと思って作った歌は滑ることが多い。なかなかの悲しさだ。まぁそらしゃあないっちゃあしゃあない。言葉遊びなんかはわかってるところとわかってないところで混乱して行くのがおもろいと思っちゃったりしてるからな。子供の頃、オレたちひょうきん族ちゅうテレビ番組を見てて、鶴太郎が獅子てんや瀬戸わんやのネタをやってるのを見て、親が「てんやわんやや」「懐かしいな」なんつうてるのを聞いて、てんやわんやを知らない僕は、なんや、不思議な納得で笑ってる節もあったからな。知らないことが面白いというような。知らないことが、自分が知ってる感覚に直接に当てはまって、つまり笑いのツボというやつで。なおかつそれが知らない、言葉で説明できないものであるときの面白さ。探さなくても許された居場所がそこだったのか。

た〜〜まごの親じゃ!ぴ〜よこちゃんじゃ!
ぴ、ぴ、ぴーよこちゃんじゃ ア〜ヒルじゃ がぁがぁ!

ちゅうやつ。

ぱずおさんが僕の歌その他を気に入ってくれてて色々アドバイスをくださる。その一つ一つが、まさに僕が悶々として抱えているものだったり、まさに僕が表現したいと思ってることであったりして、嬉しいやら悩ましいやら、すっかり飲んでしまい終電検索を誤って自宅最寄り駅の手前までしか行けず笑う。ぴーよこちゃんまで言葉を詰められたらなぁ。

電車を降りて歩く。割と楽しい。方向音痴なのでちょいちょい小迷いするが、ここや!という道に差し掛かって楽しくなる。終電を逃したときしか通らない道。住宅街で、みんなねてて暗くて、その暗い道を抜けると大きい道路の大げさな喧騒。周りに誰もおらんし歩きタバコ。ここは路上喫煙禁止地区ではないし、副流煙を吸い込む人もいないのだけど、なんとなく悪いことをしている気がしてしまうのはとてもヤバいよな。ついさっき「煙の楽園」というタバコの歌を歌った帰りなのにな。

6月17日月曜日

8:30起床。徒歩帰宅後酒を飲まなかったせいだろうか、二日酔いじゃない。仕事を片付けてだらだらしていたら死んだほうが良さそうな気持ちになってきたので散歩に出かける。昨日歩いた道をもう一度歩いてみた。

魅力的な安食堂の本店の前を初めて通りかかって、へ〜こんなとこにあんのか〜と入りそうになったが、2時間くらい前に飯を食ったとこなので腹の減り加減が微妙だ。飯は少ない方が犠牲が少なくて良かろう。むっちゃ欲望と戦って帰宅。

明日エアコンの取り付け工事がある。狭い部屋なので工事のために家具を移動せんならん。とても嫌だなぁと思いながら作業を始めるもすぐに飽きてしまいチューハイを飲みながら質問箱に回答。1/6が運営からの質問で落ち込む。

なんとか移動作業を終え、この状態で元どおりの作業環境を作り直しても明日がしんどくなるだけなので本格的に飲酒アンド飯作り。キーマカレー。

虚しさ拭いきれず、フラカンの「ああ今日も空振り」という歌を聴く。情けなさのまま心が少し前向きになる。こんなTwieetを見つける。

マサミくんが歌うとどの唄も生きる讃歌みたいに聞こえるなあ。だから好きなのか。— あやん (@travel_2017) 2019年6月16日

嬉しい。
前も後ろも見ていこうと思う。

6月21日(金)

谷町九丁目ライブバーワンドロップ

出演 
藏本光彦|山添ヒロカズ|市村マサミ

開場  19:30

開演  20:00

料金  1500円 

(ドリンク代別)

投稿者: 市村マサミ

大阪や京都でギターを弾いて歌をうたっています。フォーク、エログロ、くすくすわらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です