日記ノ23

日記を縦書きができるg.o.a.tってところに移そうと思ったがカテゴリ分けとかちょっと使いにくいのと、縦書きや

日記を縦書きができるg.o.a.tってところに移そうと思ったがカテゴリ分けとかちょっと使いにくいのと、縦書きやとなんか重そうな感じに見えるかもしれんと思って中断。g.o.a.tには夢日記とかちょっとした短編とか詩なんかを書こうかなと思ってます。

サテ、夏休みの宿題風にまとめて書きます。

12月7日金曜日、バイト後、以前通ってた鍼と漢方の病院にひさしぶりに行った。目の覚めるような痛さの鍼でほんまに目が覚めたように元気が出た。漢方の値段に目玉が出た。

そのあとファンダンゴにさかもとたかはるさんのワンマンを観にいった。ばっちり散髪してたのがグッときた。涙が溢れた。最後まで観たかったが途中退場。バーカンにビール代を預けていったがさかもとさんは飲んでくれたかな。

東京から帰ってきてるふゆふきうどんちゃんを観にハードレインへ。しやけど着いたらもう終盤やった。しやけど2曲、観られてよかった。はじまってるなぁ。動いてるなぁ。

終演後、ちょっとぺちゃくちゃしゃべりすぎて元気がから回ってる感じに感じたのでスッと帰宅。追い焼酎で眠。

8日土曜日、失業手当をもらうために就活の一環としての3DCADの講習。大変おもしろかったがこれの職業訓練に通ってはたして仕事が見つかるかというとワダスにはズスンがない。

その後図書館に。ぶらぶらと棚の本を見てたら阿久悠の「日記力」という本があった。ちょうどまた日記を書き始めようと思ってたところだったので渡りに船とばかりにカリ。内容はまぁ、本格的な記録するかたちの日記の効用などで、あとはJ-POPの歌詞への愚痴のようなものが書いてあった。ちなみにこの日記には阿久悠の影響は出ていない。今日の講習でならったCADのソフトで遊んだり紙に絵を描いたりして過ごす。

9日日曜日、ベースの修理をしようと思ってピックアップを破壊。新しいピックアップを注文す。ひひん被貧と泣く駄馬だ。自棄酒を酒を飲まない。

10日月曜日、とにかく眠かったということしか覚えていない。たぶん絵を描いたり歌を歌ったりしてたと思う。「弁証法とはどのような科学か」ちゅう本を途中まで読んだかな。おもろい。

11日火曜日、なかい山で飯が美味すぎて頼んだビールを飲むことを忘れる。飲んだけど。ビールのあとはハイボールをいってそれで満足。店を出ると雨。まぁ商店街に入ってしまえばええねん、と、駅まで行ったところでカバンを忘れていることに気づく。酒のハンパノリでボケたか、いいや、なかい山の感じで緩んだね。

12日水曜日、ちょっとした仕事ののちまぁ普通にギターとか。届くはずの荷物が夜まで届かずタバコも買いに行けんのでキセルをおぼえた。こらええわ。夜ホットカルピス。酒を飲まない。

13日木曜日、ベースの修理が完了。ノイズがとても少ない。満足。古いピックアップを壊して良かった。弾けんけどまぁこれからですよ何事も。

16日に忌野清志郎の歌だけでライブをやるのでコード譜を作る。メロディーに抑揚があまりない曲を弾き語りでやるの怖いな。夜カルピス。

僕は元気で暮らしているよ。

ちゅうわけで16日の日曜日は歌います。

12月16日(日)

河内永和パラノイヤ雑貨店

【We love KIYOSHIRO!!熱いぜBABY!清志郎を歌おう】

出演  いわいあや子|JAN(静岡)|ポルコ|市村マサミ

開演  19:30

料金  投げ銭

〈パラノイヤ雑貨店〉
東大阪市永和1-7-22(みやこ食堂隣)
tel 06-6721-6146
(最寄りの駅は、東大阪市の近鉄奈良線の河内永和駅。猫の保護活動もされていて、猫ちゃんが沢山いるお店です。)

僕、猫アレルギーやけど。

日記ノ22

十二月四日Tumblrが成人向けコンテンツの完全排除を決めたそうだ。判定AIがなかなか変わった性癖をお持ち

十二月四日

 Tumblrが成人向けコンテンツの完全排除を決めたそうだ。判定AIがなかなか変わった性癖をお持ちのようで、相撲取りや象、ハナアブ、サーターアンダギーなどが警告を受けているらしい。

 私のTunblrページでも乳首や尻が出たものをリブログしたりしているが、特に警告などはきていない。一時的なものだろうか。

 変態の自覚がないままみんな変態になってしまった。太陽のチンポが揺れているのがみえる。発する言葉は通じないまま、圧倒的な巨チンに萎縮した。チンポが揺れて風が吹いて、今日は暑かった。昼間の図書館は加齢臭で満たされていた。ふてぶてしさがそこいら中に充満して、そこそこ空いている電車の中でもでかくて硬いカバンの角をぶつけられる。対抗して軽く押し返してみるが、相手は私ほど気にする人ではないらしい。ほなええか。

 自動車の暴走を恐れた自転車は、歩道へ逃げて暴走する。道路交通法を知らないらしい。ほなしゃ〜ないか。チリンチリンチリンチリン!歩行している私は怯え泣きながら、牛刀を取り出して叫んだ。狭い心の中で。

 海に行こう。ピッチピチの命を釣りに行こう。引き摺り込まれない程度のデカさの魚を釣ろう。

 ところで音楽はええね。行き詰まっているレコーディング。マンドリンの録音がどうしても進まず悶々としてたんやけど、昨日一日キューベースをいじったり色んな音を聞いたりギターを弾いたりしてたらドアを見つけた。

諦めない人などいるわけないって言うのかい?ひと〜は〜み〜な〜だ〜れ〜でも〜 くじけちゃうって〜言うのかい?

 んじゃ!

日記ノ21

終わりを感じて四一歳。詩や音楽や金や麻痺や薬や筋肉や脳などについてもう一度考える。あばば。八二歳まで生

 終わりを感じて四一歳。詩や音楽や金や麻痺や薬や筋肉や脳などについてもう一度考える。あばば。八二歳まで生きねばいけぬか。

ターン。というよりはねじれを見ている感じ。どのようにねじれたか、ほんまにねじれているのか、ねじれに挟まった食いカスを見ている。肝臓を腫らしている熱を見ている。脳みそをふやかしている水を見ている。腸臓に詰まった糞を見ている。剥がれた飯がカサッと落ちた。アホでケッコー晩飯食うな。

昨日の晩飯は太刀魚のしよ焼きとホーレンソーのおしたし、わかめ酢、味噌汁には白菜、人参、ごぼう、長芋は火を止めてから入れて、半死にのシャクシャク。余裕シャクシャク。

暴徒が現れて。脳に。暴徒と化した眼球がおもしろいと判断しようとしている相手は誰かしら。その眼球は誰の眼球かしら。三、四人、四、五人の、ひょっとしたら細胞それぞれのわいがいる。一番のアホは海馬の中にいるかしら。シナプスに挟まったカスのせいかしら。

カシワ。ピザーラのハーブのカシワのやつが美味いからアレを自分で作りたい。インターネットにレシピがあるかしら。歯の隙間の年輪。

この道はいつかきた道。和菓子屋の花さんが饅頭を持ってくる。青い茶を淹れる。