日記ノ18

コンサータという薬を処方されて飲みはじめて1週間ほどたった。

もともとADHDとかそのへんを疑って行った病院、簡単な記入式検査のあと「まずはうつのほうをなんとかしましょか」といわれ「はぁ、え?うつ?」みたいな感じだった。キツい薬は怖いので、なるべくよわ~いやつにしてくださいちゅうて、大柴胡湯という漢方とゆるーい安定剤をもらってたんだけどそんな弱い薬でも頭がボーっとするし、昼の眠気が酷かった。とにかく眠いということを伝えると「じゃあこれ試してみて」といわれて出されたのが麻黄湯。むちゃくちゃな処方をするなぁと思いながらも、あんまり薬について色々言って詮索されるのも嫌なのでもらって帰った。

 

ちょいちょい飲んでたがさほど効かず、次の通院の時にそう伝えた。「う~ん、コンサータってのがあるけど…ADHDの疑いを気にかけてはったけど、子供のときにはなにかそういった兆候はあったのかな?」聞かれたがこれ、まぁわりと自分では普通に暮らしてきたつもりや。人と噛み合わんこととか、ボーっとしてるといわれることとか、なにかとあるけども、そういう判断もようせんから検査を受けにきたんやけど…まぁでもコンサータは試してみたい。「あ~ケアレスミスは多かったですね」と、ちょっと控えめなことを言ってみた。そこから質問や検査がはじまるかと思って。ほんなら「まぁ2週間だけ試してみましょか」ちゅてコンサータ処方されて飲んだら。

 

まぁこれが昼間ぜんぜん眠くない。ほんでいつも職場で人が動くたびに気が散ってたのがない。道を歩いててもそんなにイライラしない。世界というのはこんなに静かだったのかと驚いた。

 

夜はちゃんと眠れるし、テレビをみて文句を言わずにいられないということも減った。なんとなく物足りなさも感じるものの、この静けさはええなぁ。懐かしい感じやなぁ…アレ?なんやこの懐かしさは。懐かしいとはどういうことや。子どもの頃、一人で部屋にいた時の感じ。これはどういう薬の効き方なんやろうか。順番がおかしいんやないか?

まぁええわ。楽やから。だけど耐性がつきそうやし、これきっかけで鍼や漢方の先生にも相談してみようと思う。

 

とりあえず落ち着いた気持ちで、現状やりたいことややるべきことを書き出し整理して、1日の時間割を作ってみた。なるほど無理や。むちゃくちゃや。

 

投稿者: 市村マサミ

大阪や京都でギターを弾いて歌をうたっています。フォーク、エログロ、くすくすわらい。

“日記ノ18” への 2 件のフィードバック

  1. テレビを見ていちいち文句言いたくなる気持ちは、かなり分かる。だから、内は観ない。くだらん能書きばかりたれるタレント、ぜんぜんおもんない芸人等など・・・何とか評論家とかが多すぎ。なんでもかんでも「評論家」つけたらええんとちゃうでと思う。しまいには、生活掃除評論家とか・・・あほとしか言いようがない。

    1. ハピネス様

      コメントありがとうございます!!

      僕もテレビは特定のものしか観ないようにしてるんですが、油断してしまいました。
      しかもそれに文句を言って怪我までするって…アホでしたわ。

      評論家といえば、17歳の犯罪者が話題になったときに「原因はビタミンDの不足」とか言ってた奴がいましたね。両肩脱臼しそうでしたよ。

      それにしても生活掃除評論家て…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です