日記ノ17

6月7日木曜日

給与労働後、京都は東向日のセカンドルームスにてギグ。お名前とお顔は存じていたシンガーソングライターの橋村恭平さんからのスタート。華奢なかんじで優しい感じの歌を歌ってると見せかけて絶妙な箇所にいい感じのハズシを入れてきておもしろい。

2番目はサイトヲアツシさん。ギターのフレーズや声がやんちゃ。男という感じがええなぁと思った。3番目のミカコハサウェイさんでグッときてしまい涙と鼻水が体内から溢れる。だいたい自分の出番の前に対バンの人の舞台を気持ち入れて観たらあかんのや。なるべくのめり込まんように落書きに精を出した。

0
 

反省しつつ4番目は俺のスター瓶底いずこ。金の川の、熱にうなされてる感がすごく好き。なんか25、6才の頃のアングラはまりしてた頃の自分を思い出す。次が俺の出番なので惜しいが準備をする。

みんなすごいなぁと思うが真似はできへん。シーナアンドザロケッツがどこかのデパートでのライブでサティスファクションを30分やって「俺たちこれしかないけん」みたいなことを言ったとか、そんなことを腹にうとた。わりかしうけてよかった。

ライブ後しばし歓談。これもサブくなくてよかった。家に帰って焼酎を飲んだ。

「生命万歳」ちゅう歌のアニメーション作品をつくりたいが、歌いだしの「うすい茶色の虎猫がうたた寝している」ところすら描けない。遊んでるうちに死にたい。

投稿者: 市村マサミ

大阪や京都でギターを弾いて歌をうたっています。フォーク、エログロ、くすくすわらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です