日記ノ17

6月7日木曜日

給与労働後、京都は東向日のセカンドルームスにてギグ。お名前とお顔は存じていたシンガーソングライターの橋村恭平さんからのスタート。華奢なかんじで優しい感じの歌を歌ってると見せかけて絶妙な箇所にいい感じのハズシを入れてきておもしろい。

2番目はサイトヲアツシさん。ギターのフレーズや声がやんちゃ。男という感じがええなぁと思った。3番目のミカコハサウェイさんでグッときてしまい涙と鼻水が体内から溢れる。だいたい自分の出番の前に対バンの人の舞台を気持ち入れて観たらあかんのや。なるべくのめり込まんように落書きに精を出した。

0
 

反省しつつ4番目は俺のスター瓶底いずこ。金の川の、熱にうなされてる感がすごく好き。なんか25、6才の頃のアングラはまりしてた頃の自分を思い出す。次が俺の出番なので惜しいが準備をする。

みんなすごいなぁと思うが真似はできへん。シーナアンドザロケッツがどこかのデパートでのライブでサティスファクションを30分やって「俺たちこれしかないけん」みたいなことを言ったとか、そんなことを腹にうとた。わりかしうけてよかった。

ライブ後しばし歓談。これもサブくなくてよかった。家に帰って焼酎を飲んだ。

「生命万歳」ちゅう歌のアニメーション作品をつくりたいが、歌いだしの「うすい茶色の虎猫がうたた寝している」ところすら描けない。遊んでるうちに死にたい。

日記ノ16

6月6日水曜日

給与労働のあと別件仕事のお届け物で高槻のとあるお店までゴー。すぐ帰るつもりが生ビールとハイボールをよばれてしまう。近頃めっきり酒に弱くなったのであまり飲まぬようにしようとおもてるがあけへんね。うまいわ。

 

ほろ酔いで帰宅してすぐさまカレーを仕込む。ほろ酔いの体と心が追加の酒を呼んでいるがコーラで散らす。嫌な気持ちだ。毎日思うだけ飲みたかった。こうして人は「昔はめちゃくちゃ飲みましたけどね」とか発言するようになるのだろうか。俺なんかまだそんなに飲んでへんと思うわ。しかしやっぱ快楽の種類ちうのがあって、シラフでいる気持ちよさや面白さも感じられるようになってきたよなぁ。お別れは淋しいけれど。アホやなぁ。どうせ死ぬんだしとかうとてるくせに。

 

悶々としながら横臥。くじけたくないなぁという気持ちが勝つ。立ち上がってギターを触ってるとおもろいスケールが弾けた。おもろいなぁと感じる。縫いかけのカバンを遠くへ投げる。描きかけの絵の失敗したところをジェッソで塗りつぶしてキャンバスを脇へよける。カッターナイフの観察。物てなんやろか。カッターナイフを脇へよける。ギターを弾く。おもしろいなぁと感じる。転がってた袋の中に入ってた本を読む。カレーを食う。本を読む。風呂に入る。本を読む。LED照明の組み立て案を出す。脇へよける。猫の3Dモデルをいじくって関節や筋肉に想いを馳せる。本を読む。しょうもなと思うことが増えた。くじけたくないなぁ。酒を飲まずに眠る。

日記ノ15

ここしばらく舌先が痛くてなにか悪い病気ではないかしらん?と妻に話すと「おどれはこないだ酔うてテレビに文句言うてるときに舌噛んだちゅうて悔しがってたぞよ」と言われ死を想う。

2ヶ月半日記をほったらかしてなにをしていたのか。ミシンを買ってカバンを縫おうとして針を10本ほど折ったりアクリル画を描こうとキャンバスを買って下地作りをしたり紙粘土でなにか作ろうと思って小さい球体(これは後に目玉になる予定)を二つ作ったりペンタブレットで絵を描いたり包丁を研いだりギターで「星に願いを」なんかを弾いたり酒を飲んだりやめたりしていた。

ミシンも絵も性的昂ぶりがあって良い。粘土しかりギターも歌も包丁も。指も喉も鼓膜も全身が性感帯。もはや性的に昂っていられたらそれでよいのではないだろうか俺なんかは。びくんびくんっ。子どもが生まれたら昆虫みたいに死んでもかまわないというふうになるんだろうか。セミでも2発目をやりたいと思うのだろうか。

 

ところでひらかたパークでは現在「生きものになれる展」という催しをやっているらしい。ここに写っている子供たちは全員生きものではない。現在、我々が生きものと見做して知り得ているものが、生きもの全てである保証はないとWikipediaにも書いてある。Wikipediaに書いてあることが全て真実である保証もない。テレビもない。ラジオもない。車もそれほど走ってない。そこにない全てを紙芝居と想像力だけで知った。五所川原はいいとこだな。
またほったらかしそうだこれは。キーボードを打つのもけっこう性的に気持ちよいのだけれど。

 

 

 

6月7日(木)京都 東向日Cafe & Music Second Rooms

【火点し頃之詩~第78夜~】

出演  橋村恭平|サイトヲアツシ|ミカコハサウェイ|瓶底いずこ|市村マサミ

開場  18:30
開演  19:00

料金  2000円  (ドリンク代込)


6月9日(土)樟葉L.A.M.F.

出演  マサ・タケダ|市村マサミ

開場  20:00
開演  20:30

料金  500円+投げ銭  (ドリンク代別)


6月14日(木)大阪 十三クラブウォーター

【ウォーター19周年を歌おう】

出演  松田健|影野若葉|虹色エレジー|市村マサミ

開場  19:00
開演  19:30

料金  2300円  (ドリンク代込)