日記ノ14

心が晴れず1日中悶々とムカつきを抱え、それでもそのムカつきをなんとか受け流そう、大したことじゃないさ、と思い込もうとしていたら交感神経が異常興奮したのか全身がこわばって手が冷たい。肝熱がぶち上がって顔が真っ赤、皮膚はボロボロ。ゴミを捨てようと玄関まで歩いていたらなんやこの…かんじ、は……突然足の力が抜けて床にへたり込んでしまった。

 

また精神科に通わんならんのか。いや、今度そういうことになったらもう終いのような気がする。仕事をやめよう。しかし次をどうする?年齢的にも無理やで。母親も年やで。死ぬしかない。エロブックマークを全消しして。と思ったけどアルバムも作ってるし、昨日も仲間が、仲間って言わしてくれ。仲間が、俺が表現したくてもできてないところを楽器を持ち寄ってそれぞれの人生を持ち寄って録音してくれたとこや。どうすんねん?初のアルバムにして世界一しょーもないアルバムになってしまうやないか。せやかて君、わいもう動かれへんし、働かれへんかったら金なかったら生きていかれへんし、悲惨しか待ってないし、、、て考えてたら情けなくなってきた。情けなくなるというのはどういうことやろう?まだ終わってない感がある。しやけどもはよ終わらしたいんやけど…ちゅうても俺が自殺できへんちゅうのは過去に経験したし、とグジグジやってたら妻が帰宅して「ただいま〜」というてる。聞こえてるけどなんと答えていいもんかわからへん。けど黙っとったらきっと何回も言うてくるやろ。大きい声でおかえり〜とは言えんから立っていって「おかえり」ちゅう。恥や。元気がなさすぎる。あかん。もう終いや。エロブックマークを全消しして。

 

とおもたらなんかムカついてきて、あ〜、これはそうか。そういうことか。

俺は怒ってるねや。怒りを抑え込んで、怒りじゃない何かにすり替えて、なんかわからん空気たらいうもんを、自分の感情をないがしろにしてまで守ろうとしてんねや。そら病気になるわ。出口なんかないわ。そんなんあかんわ。ムッチャムカついてきた。暴力を賎民へ、お願いしますわ。デモに大げさなポリくるな。警察が政治家守るな。

 

ちゅうわけでシャドウ・ボクシングやらなにやら、攻撃を与えるイメエジのことをやってたら気が下がった。自傷行為やと溜まるばっかりとちゃうかと思う。

怒りを怒りと認識するだけで、無駄に「運動したら鬱は治る」みたいなアホに付き合わんでよくなるし。要は暴力衝動の持っていきどころやろ。怒りにまかせてしかめっ面をするのもええし、とにかくすっと抑えてしまうのはあかん。その場で出すのはだいぶ阿寒場合が多いけど。

一人で部屋におるときに。一人でも「俺はええ人、賢い人」みたいな顔してしまうことがどうやらあるわ。控えめな自慰。しょうもない。怒りというのは外に出たがる。喜怒哀楽というもんはそんなもんや。気遣いというのは内に向かう。合わさったらややこしい。怒るでしかし。しかし怒るで。

投稿者: 市村マサミ

大阪や京都でギターを弾いて歌をうたっています。フォーク、エログロ、くすくすわらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です