日記ノ07

机を作った。

歌の録音やDTMの勉強をしたいのでそれにはまず机が必要だとおもったからだ。

買えばいいようなものだがどうにもほどよいものがなかったので作ることにしたのだ。昨日は妻が出かけていて、一日中集中して作業していたので、昼飯に食べようと思っていた「カドヤ食堂監修 中華そば」を食べ損ねた。ときどきそういった過集中のような状態になるがシャブをやっているわけではない。の、の、の、の、脳のどこかが悪いんだろう。最近はやりのアルファベット3~4文字くらいの障害かもしれない。自分ではけっこう気に入っている部分だ。

 

歌を作るとか録音するとかそういったことより、サブの部分に時間をかけているうちに死んでしまいそうだ。今は机の製作のほかに、自分のPV用に絵やアニメーションの学習をしている。遊び死ぬ。それはたいそう贅沢なことだな。

日記ノ06

枝豆がつとめられておったので買って帰る。枝豆ご飯を炊く。手羽元を買ってあったので圧力鍋にて炊く。とにかく炊く。ゆでたまごとともにすっぱ煮にする。先日そうめんをした折にきのこを炊いた汁で入り卯の花。またしても炊く。だしの昆布は細く切ってポン酢で。とにかく食う。胡瓜および人参を切ったものに塩麹を添える。野菜室で寒そうにしていた大根で味噌汁。白菜の漬物。

料理をする。なぜだろうか。食べることが生きる基本だからだと思っていた。そして食べることが好きだからだと思っていた。しかし昨日ふとある思いにいたった。俺は独りにならないために料理をするのではないかと。

母が大病で入院していたとき、俺は兄と父の飯を作ったり洗濯や掃除、まぁ家事全般をやっていた。男だけの家。飯などは各自適当に食えばいいのだが、俺は作っていた。そのときはなにも考えずやっていたのだが、ふと、だ。俺は家族がバラバラにならないように、飯を作ることによって家を守っていたのではなかろうか。呑む打つ買うの冗談みたいな親父と、ドイツ人の性転換したニューハーフの家にいりびたってる兄貴。母が不在となるとこの家庭は完全に崩壊してしまうのではないかという不安が俺に飯を作らせたのではないか。おかえりなさいというために。なんといじましい、いや、健気なことか。

俺が頑張っているということを母から言われた父は「そらお前が金やってるからやんけ」と言ったそうだ。なんという親父であろうか。母も病気でつらかったのか、アホなことにそれを俺に言わいでもええやろ。わりと打ちのめされた。しかして俺は無駄遣いを減らすように心がけた。

なんてことを思い出しつつ巡らせながら枝豆のさやを剥いていると、幼きころ(©ジャルジャル)の土曜日、珍しく早く帰ってきた父とみたナイターやプロレス、ひょうきん族を思い出して侘しい。また幼きころ(©ジャルジャル)、母といっしょにきぬさやの筋をとったなぁとか思い出して侘しい。料理は侘しい。おもしろ侘しい。

しかしそうか。俺は家庭を守りたかったのか。幼きころ(©ジャルジャル)の俺に今なら言えよう。「拗ねんでええよ。よくがんばったなマサヒロくん」なんつって。

 

さて、夏休みのない夏である。妻が美味しいといって飯を食う。

日記ノ05

図書館でアドラーの「幸せになる勇気」という本を予約したら俺の前に389人も予約している。2200円の身銭をケチって税金で幸せになる勇気を獲得しようというやつが390人いるのだ。これはもう2200円を払って本を買っちまう、それが正解のような気がするが自己啓発本に2200円を払う、その勇気がないのだ。

日記ノ04

連子鯛の塩焼きを食いながらimage00
ちりめんじゃこの一匹も残すまいと思いおり。

image01
 

植物はだまって生きていた。

image02
 

 

まったく関係ないがマイクロソフトが大麻ビジネスに参入するそうなので、記念に(勝手に)ロゴを作ってみた。つかってくださいビルゲイツ。

weed02 weed03
 

http://gigazine.net/news/20160617-microsoft-marijuana-trade/

 

日記ノ03

7月2日土曜日は日本橋の太陽と月ちゅうお店でライブでした。

共演の嫌になっちゃうズさんのお客さんがたくさんきてはりました。僕の出番はラストだったので嫌になっちゃうズさんのが終わったら多くの人が帰るだろうなと思いました。思ってへこみそうになったのですが、そんなことでへこむのはおかしいぞということに気が付きました。成長したものです。店主のキタニさんが「時間気にせんとやってええで」と言ってくださいました。へっへへ。

 

さて僕の出番がきますとやはりお客さんはグッと減りました。特になにも思いません。やるだけです。と、一曲歌いはじめますと、なんとお客さんが戻ってくるではありませんか。外で休んでただけだったんですね。正直いって嬉しゅうございましたよ。

演奏したのは

  1. あらかじめあきらめた恋人達へ
  2. 雨上がり
  3. 浸水
  4. あめふり
  5. グレープフルーツムーン
  6. まどてんか
  7. ポコチン
  8. えびまよ
  9. 生命万歳
の9曲でした。お客さんも、ほかのバンドを観にきたのに突然しらんやつが最後に出てきて1時間もやったら困惑するかなとおもって、「気ぃつかわんと、アレやったら途中で帰ってください」と言うとったんですがみなさん最後まで、わりと笑顔で、体を揺らしたりしながら聴いてくれてはった。わいは嬉しかった。と文体が変化するほど僕は嬉しゅうございました。嬉しかったです。

嬉しかったので呑みまして終電をのがして徒歩。もっと歌がうたえるようになりたいものじゃなぁとリップロールとタングトリルをしながらるるるるるるるるら。

 

そいでもって翌日は桜の宮ガラガラに、わじゅさんとゆえくんが始めた新ユニット「新骨蝶」のライブを観にゆく。

大人の雰囲気シブみ。赤い壁がよく似合っていました。ヤノピーってやっぱ強ぇな。俺も合奏がしたい。ああ、したい。音は鳴ると消えるのだけれどそれがどうしたロックンロール。

そのあとBlue Pleachersというバンドで出演していた矢本健士さんのパフォーマンスをひさしぶりに拝見。テルミンもしゃべりもチョークール。荒木飛呂彦にちょっと似ている。同じく全然ふけない。

IMG_1716
 

 

昨夜も遅かったのでこの日は早々にお店を出て近所のスーパーマーケットでハーゲンダッツを買って帰るハゲ。誰がハゲやねん。

 

 

こういうやつがいるから戦争はなくならないのだ。

IMG_1718
IMG_1719
IMG_1720
なぜ元あったところに戻せないのか。なぜ自分の責任をひとにおしつけるのか。

こんなことも自分でやらないから新規にアホのような、余裕、ゆるさ、アソビといったものがない規制ができるのだ。滅びよ。明日のために。

スーパーマーケットを出て歩道をいく僕を無灯火の自転車が何台もびゅんびゅん追い越していく。もういやだもうおわりだあきらめた。選挙の日はサイゼリアで泥酔してええじゃないかでもおどろう。

 

IMG_1715