日記ノ9

この、この楽しい満開の花は、散るんだって。

歩幅はやがてずれて、道は別れていくんだって。

歌は流れて、声は消えるんだって。

それでも僕の鼓膜にとどいた君の声は、僕の目の前で膨らんで僕に突き刺さった君の歌は、僕の心の中にしっかりと息づいている。

それを僕がまた、歌うこともできる。

この道の先をいけば、先にいったはずの君が足をくじいて泣いていたりするのかもしれない。

そしたら僕が君の歌を歌ってあげよう。そしてまた、一緒に笑おう。

 

花は、また 咲くんだって。

 

日記ノ8

2週に1度の病院。鍼をしてもらってやたらとすっきりしていることに毎度ながら驚く。漢方数種を処方されて薬局に行く。この待ち時間が1時間はあるので死ぬような気持ちがするわ。
処方箋を渡してから外出。飯を求めて徘徊。徘徊といってもiPhoneに入れてあるGoogleMapで「ラーメン」って入れて出てきたところを食べログで
再検索してオーケーを出すだけ。欲が収まらないよな。今日はこれを食ったよ!と言いたい欲が僕を忘れないでと泣いている。
IMG_2822
ラーメン食て、歩いてたら桜。桜見つけた。桜の公園の向かいに酒屋。なんやあつらえむきや。
山頭火のパロディ句を詠んで一人花見を。一人花見というのは嘘。どこかに他人の目を気にしている。すべてがSNS用の記憶みたいな。

よい道でどちらも桜で前は酒屋で

Masami Ichimuraさん(@bcc_masami)がシェアした投稿 –


鳩が飯欲しそう寄ってきよる。
見てないよというような顔をして横目で見てくるのがなおムカつく。
IMG_2832
これがカラスならやってもよいのだが、私は鳩が好きではないのでやる気にならない。なんだったら酒を与えて酔うているところを見てやろうかという差別的虐待の心までわいてくるのである。
そういう心が私にはあるよなぁ、と確認しつつ正宗の菊を吸う。なんてな馬鹿なことを書いていたらとても可愛らしい外人の子が笑いながら走ってきて平和をすべて追い払ってくれた。アメリカはつよい。
というのも修辞。言葉のアヤ。
ただ少年は笑いながら走ってきただけだ。鳩は飛んだ。
追い払ってくれたというのは私の願望に基づいた妄念。
もうねんれな。なんつうような脱線こそがキミ、人生の醍醐味じゃよ。
妄念の深さこそが自由の可能性じゃよ。
妄念と折り合いをつけようなんて思わないことだ。
すっかり酔うてしまった。
薬局で薬をもらい駅への道。
 マリオたちがカートに乗って走り去っていく。
神のいないお祭り。ええじゃないか。ええじゃないか。
死にたくなる春。錯乱の昼。

日記ノ07

机を作った。

歌の録音やDTMの勉強をしたいのでそれにはまず机が必要だとおもったからだ。

買えばいいようなものだがどうにもほどよいものがなかったので作ることにしたのだ。昨日は妻が出かけていて、一日中集中して作業していたので、昼飯に食べようと思っていた「カドヤ食堂監修 中華そば」を食べ損ねた。ときどきそういった過集中のような状態になるがシャブをやっているわけではない。の、の、の、の、脳のどこかが悪いんだろう。最近はやりのアルファベット3~4文字くらいの障害かもしれない。自分ではけっこう気に入っている部分だ。

 

歌を作るとか録音するとかそういったことより、サブの部分に時間をかけているうちに死んでしまいそうだ。今は机の製作のほかに、自分のPV用に絵やアニメーションの学習をしている。遊び死ぬ。それはたいそう贅沢なことだな。

日記ノ06

枝豆がつとめられておったので買って帰る。枝豆ご飯を炊く。手羽元を買ってあったので圧力鍋にて炊く。とにかく炊く。ゆでたまごとともにすっぱ煮にする。先日そうめんをした折にきのこを炊いた汁で入り卯の花。またしても炊く。だしの昆布は細く切ってポン酢で。とにかく食う。胡瓜および人参を切ったものに塩麹を添える。野菜室で寒そうにしていた大根で味噌汁。白菜の漬物。

料理をする。なぜだろうか。食べることが生きる基本だからだと思っていた。そして食べることが好きだからだと思っていた。しかし昨日ふとある思いにいたった。俺は独りにならないために料理をするのではないかと。

母が大病で入院していたとき、俺は兄と父の飯を作ったり洗濯や掃除、まぁ家事全般をやっていた。男だけの家。飯などは各自適当に食えばいいのだが、俺は作っていた。そのときはなにも考えずやっていたのだが、ふと、だ。俺は家族がバラバラにならないように、飯を作ることによって家を守っていたのではなかろうか。呑む打つ買うの冗談みたいな親父と、ドイツ人の性転換したニューハーフの家にいりびたってる兄貴。母が不在となるとこの家庭は完全に崩壊してしまうのではないかという不安が俺に飯を作らせたのではないか。おかえりなさいというために。なんといじましい、いや、健気なことか。

俺が頑張っているということを母から言われた父は「そらお前が金やってるからやんけ」と言ったそうだ。なんという親父であろうか。母も病気でつらかったのか、アホなことにそれを俺に言わいでもええやろ。わりと打ちのめされた。しかして俺は無駄遣いを減らすように心がけた。

なんてことを思い出しつつ巡らせながら枝豆のさやを剥いていると、幼きころ(©ジャルジャル)の土曜日、珍しく早く帰ってきた父とみたナイターやプロレス、ひょうきん族を思い出して侘しい。また幼きころ(©ジャルジャル)、母といっしょにきぬさやの筋をとったなぁとか思い出して侘しい。料理は侘しい。おもしろ侘しい。

しかしそうか。俺は家庭を守りたかったのか。幼きころ(©ジャルジャル)の俺に今なら言えよう。「拗ねんでええよ。よくがんばったなマサヒロくん」なんつって。

 

さて、夏休みのない夏である。妻が美味しいといって飯を食う。

日記ノ05

図書館でアドラーの「幸せになる勇気」という本を予約したら俺の前に389人も予約している。2200円の身銭をケチって税金で幸せになる勇気を獲得しようというやつが390人いるのだ。これはもう2200円を払って本を買っちまう、それが正解のような気がするが自己啓発本に2200円を払う、その勇気がないのだ。

日記ノ04

連子鯛の塩焼きを食いながらimage00
ちりめんじゃこの一匹も残すまいと思いおり。

image01
 

植物はだまって生きていた。

image02
 

 

まったく関係ないがマイクロソフトが大麻ビジネスに参入するそうなので、記念に(勝手に)ロゴを作ってみた。つかってくださいビルゲイツ。

weed02 weed03
 

http://gigazine.net/news/20160617-microsoft-marijuana-trade/

 

日記ノ03

7月2日土曜日は日本橋の太陽と月ちゅうお店でライブでした。

共演の嫌になっちゃうズさんのお客さんがたくさんきてはりました。僕の出番はラストだったので嫌になっちゃうズさんのが終わったら多くの人が帰るだろうなと思いました。思ってへこみそうになったのですが、そんなことでへこむのはおかしいぞということに気が付きました。成長したものです。店主のキタニさんが「時間気にせんとやってええで」と言ってくださいました。へっへへ。

 

さて僕の出番がきますとやはりお客さんはグッと減りました。特になにも思いません。やるだけです。と、一曲歌いはじめますと、なんとお客さんが戻ってくるではありませんか。外で休んでただけだったんですね。正直いって嬉しゅうございましたよ。

演奏したのは

  1. あらかじめあきらめた恋人達へ
  2. 雨上がり
  3. 浸水
  4. あめふり
  5. グレープフルーツムーン
  6. まどてんか
  7. ポコチン
  8. えびまよ
  9. 生命万歳
の9曲でした。お客さんも、ほかのバンドを観にきたのに突然しらんやつが最後に出てきて1時間もやったら困惑するかなとおもって、「気ぃつかわんと、アレやったら途中で帰ってください」と言うとったんですがみなさん最後まで、わりと笑顔で、体を揺らしたりしながら聴いてくれてはった。わいは嬉しかった。と文体が変化するほど僕は嬉しゅうございました。嬉しかったです。

嬉しかったので呑みまして終電をのがして徒歩。もっと歌がうたえるようになりたいものじゃなぁとリップロールとタングトリルをしながらるるるるるるるるら。

 

そいでもって翌日は桜の宮ガラガラに、わじゅさんとゆえくんが始めた新ユニット「新骨蝶」のライブを観にゆく。

大人の雰囲気シブみ。赤い壁がよく似合っていました。ヤノピーってやっぱ強ぇな。俺も合奏がしたい。ああ、したい。音は鳴ると消えるのだけれどそれがどうしたロックンロール。

そのあとBlue Pleachersというバンドで出演していた矢本健士さんのパフォーマンスをひさしぶりに拝見。テルミンもしゃべりもチョークール。荒木飛呂彦にちょっと似ている。同じく全然ふけない。

IMG_1716
 

 

昨夜も遅かったのでこの日は早々にお店を出て近所のスーパーマーケットでハーゲンダッツを買って帰るハゲ。誰がハゲやねん。

 

 

こういうやつがいるから戦争はなくならないのだ。

IMG_1718
IMG_1719
IMG_1720
なぜ元あったところに戻せないのか。なぜ自分の責任をひとにおしつけるのか。

こんなことも自分でやらないから新規にアホのような、余裕、ゆるさ、アソビといったものがない規制ができるのだ。滅びよ。明日のために。

スーパーマーケットを出て歩道をいく僕を無灯火の自転車が何台もびゅんびゅん追い越していく。もういやだもうおわりだあきらめた。選挙の日はサイゼリアで泥酔してええじゃないかでもおどろう。

 

IMG_1715
 

日記ノ02

業務後ビールとタコスを買って帰宅。タコスが119円だったので。

ビールはあまり冷えてなかったので冷凍庫に入れて、ちょっと待とうと思ったけれどでも衝動がどうにかなっていて、とりあえずといってタコスだけをいただいた。恒常的にアルコールでイカれた脳は栄養としてブドウ糖の代わりに酢酸を使うのだそうだ。

どーでもEけど今日はスーパーでタコ製品全般が安かった。ググってみたけど主な輸入国であるモロッコ、モーリタニア共にタコの漁獲量は減っているらしい。たこ焼きにはこんにゃくを入れましょうということになるかもしれない。何世代かのちの子供達は「たこ焼きってただの小麦粉のボールなのになんでたこ焼きっていうの?」と聞くだろう。恐ろしいことだ。俺が子供のころの駄菓子屋もそれに近かったがそれはただたんにおっさんがセコかったか子供が買える値段設定にするためにやむをえなかったかだ。

俺がここんとこ数年うなぎを食わんのはなにも貧乏だからというだけじゃない。うなぎを絶滅させたくないからなのだ。なぜ絶滅させたくないかというと食いたいからで、もっというと食わせたいから。後世に残したいと思っているのである。

奴隷のような俺を、食われるだけの俺を、後世に残したいと思うだろうか?いっそ絶滅させて欲しい、とそう思うがウマいものはウマいのだ。

 

タコはカニやエビが好きなんだって。

エビとかカニとかはふだん砂にもぐってたり底のほうにいる。底ってのは地面があるところね。そこで降ってきたやつを食っている。食い散らかしとか、死体とかを。

後世に残すために海に身を放ればよかろうか?

そこまでして残したくはないのである。俺のほうが大事なのだ。エビがおれに食いついてきたら抵抗するんだし。死ぬよりは食う。生きるというほうを選べるようになったのです。今んとこ僕は。でもいつか死ぬ。

それはいつかわからんのだ。

日記ノ01

上の階の、おそらく小さい子供が走り回っている。親はなぜ注意しないのかということを考えている。

IMG_1696
小さい子供が走り回るというのはあたりまえのことだ。

安い集合住宅で走り回ると下の階に響くということと同じくらいあたりまえのことだ。

僕はなにも言えないでいる。なにも言わないから上の人はあらためないのかもしれない。

正直な話、こういうあたりまえのことは考えたくもないのだが、うるさいとどうしても考えてしまう。いや、考えるフリをしてしまうのだ。

Yahoo知恵袋で似たような質問をしてる人を探す。

『上の階 うるさい』

それに答えてる人に溜飲を下げたり烈火のごとく怒ったり。

また寝不足だ。イライラする。

 

結局はお互い様なのだが。しかしもう少し考えたらどうだ?なぜ子供は夜走る?

 

夜は楽しいからだ。夜はテンションがあがるのだ。子供はそれを抑えられない。ではどうするか?

Yahoo知恵袋できいてみようか。あそこは屍体処理のやりかたもプロが答えてたぞ。

 

なんてことを書いてたら窓外から電車の轟音。

引越しをかんがえている。髪も減ってきているのだ。

引っ越しをしたとしても、抜け毛が減ったとしても、いつかはきっと死ぬのだけれども。